なぜ起こる?口臭の原因とは

主に、次の3つの原因によって口臭は引き起こされます。

  • 緊張時の唾液の減少や起床直後など、一時的な原因によって発生するもの
  • 口内の異常(虫歯・歯周病など)によって発生するもの
  • 消化器官や呼吸器の異常など、身体の病気が原因で発生するもの

一時的な原因で引き起こされる場合は、普段の生活習慣やブラッシング方法を改善することで、軽減・予防することがいつでも可能です。

ただし、お口の中の異常が引き起こしている場合には、原因をしっかりとした検査をで行い、特定したうえで適切な治療を行う必要があります。

不正咬合(悪い歯ならび)が心身に与える影響

  • 歯磨きが上手にできないためむし歯になりやすい
  • 食べ物を上手く噛むことができない
  • 発音が悪くなり、上手にしゃべることができない
  • 全身のバランス(姿勢)が悪くなり、頭痛やスポーツなどに影響がある
  • 歯並びが悪いことに心理的ストレスを感じる場合がある
  • 見た目が悪いということだけではなく、日々の生活から健康に悪影響を及ぼす可能性がある

口臭の原因と病態を測定する「口腔内検査」

口臭にお悩みの患者様へ、当院では口腔内検査を実施しています。
口腔内検査では、舌や唾液の検査、レントゲン撮影、口臭測定器などを用いた検査を行い、口臭の原因が虫歯なのか、あるいは歯周病なのかなど様々な角度から口臭の原因を分析し特定します。

口腔粘膜病や舌病などの口腔疾患が人によっては、口臭の原因となっている場合もあるため、検査によってそうしたお口の中の病態も明らかにします。

口臭治療の内容について

口臭の治療法1.歯周病の場合

口臭が歯周病によって引き起こされている場合は、歯垢がお口の中に蓄積されることが原因で臭いがしていると考えられます。
歯周病は、歯を支える骨が歯垢(プラーク)の蓄積によって気づかないうちに溶かされていく病気です。

48時間が経過すると歯垢が歯石へと変化し、その歯石の周りには歯垢が付着しやすくなります。

治療法

お口の中を専用のペーストとスケーラーと呼ばれるフック状の器具を用いてクリーニングすることで、歯石や歯垢といった歯にこびり付いたものを取り除いていきます。

これにより、普段のブラッシングでは届きにくい部分の歯垢もキレイに除去することができ、口臭の軽減に繋がります。また、外科治療(フラップ手術)によって歯周ポケットの奥深くに付着した歯石を取り除くことで、口臭が緩和される場合もあります。

口臭の治療法2.虫歯の場合

虫歯は歯周病と同じ感染症で、歯が歯垢の蓄積によって溶かされます。
虫歯菌(ミュータンス菌)はお口の中に歯垢を生成し、さらにお口の中の糖分を歯垢が吸収することで酸を作り出します。
歯がこの酸によって溶かされることで、虫歯となってしまいます。

治療法

進行した虫歯は、最小限に虫歯部分を削り、セラミックやプラスチック・金属などの補綴素材を用いて修復を図ります。
ただし、歯の内側に細菌が残っている時に補綴物を装着してしまうと、中で細菌が繁殖し口臭を引き起こすため、処置を慎重に行います。

口臭治療の流れ

検査を行うため、初診時には2時間半ほどの診療時間を見ていただきます。診療内容は以下の通りです。

ご予約

お電話(099-252-8118)にてお取りください。
予約優先制のため、当院へご来院の際は必ずご予約していただいたうえでご来院いただきますようにご協力をお願いします。

問診

まずは、普段の生活習慣やお口のお悩みについての問診票をご来院していただいた際に、ご記入していただきます。
お口の状態をはじめ、口臭がどんな時に気になるかなども含めてできる限り詳しくご記入いただけましたら、診療時に役立てることができます。

検査

口腔内検査(舌の検査、レントゲン検査、口臭測定器検査、唾液の検査など)を行います。

診断

口臭の原因を検査結果を分析し、明らかにします。

治療

口臭治療を患者様の症状に合った最適な方法で実施することで、健全な口内環境へと改善していきます。
それと同時に、適切な生活習慣についてもご指導いたします。

再診(2回目以降)

口臭測定器による検査を再度行い、初診時の検査結果と比較することで、口臭が改善されているかを見極めます。
診療時間の目安は1時間~1時間30分です。