普段何気なく私たちが行っている習慣や些細なクセが、歯や顎に知らないうちにダメージを与え、悪影響を身体に及ぼしている場合があります。

日中の食いしばりや睡眠中の歯ぎしりがその代表的な習慣の1つです。

脳は通常、咬む力を制限することで歯や顎にダメージを与えないようにしていますが、歯ぎしりや食いしばりが日々のストレスなどによって生じると、歯や顎に固い食べ物を食べるときのおよそ8倍もの負荷が加わってしまいます。

無意識のうちにこうした習慣が継続されると、歯や顎への負担はどんどんと蓄積され、咬み合わせや顎関節に様々な問題を引き起こします。

「慢性的な頭痛や肩こりを抱えている」「顎に違和感がある」という方は、ぜひ当ページで紹介する内容を参考にしてください。

咬み合わせの悪化を招く3つの習慣

普段私たちが行う何気ない習慣が咬み合わせを悪くする原因のほとんどです。
次のような習慣に心当たりのある方は、特に普段から十分に気を付けておく必要があるでしょう。

ストレスなどによる歯ぎしり・食いしばり

プレッシャーや過度のストレスを感じると、口周りの筋肉が無意識的にこわばり、日中の食いしばりや睡眠中の歯ぎしりを引き起こします。
継続的にこれらの習慣が行われると、ダメージが歯に生じることで噛み合わせが悪化します。

姿勢の悪さ

・決まった方向にいつも向いて寝ている
・足を組む際に、決まった方の足を上にしている
・バッグを決まった方の方に掛けている

このようなクセのある方は要注意です。
長時間にわたってこうした姿勢が継続されると、徐々に身体が歪み、悪影響を咬み合わせへと与える可能性があります。

頬杖や噛み癖などのクセ

いつもテレビを見るとき、あなたは決まった方向に向いて頬杖をつきながら、画面を見てはいないですか?この「頬杖をつく」というクセは、咬み合わせを悪化させる原因の代表例です。
顔の一部へ頬杖によって力が継続的に加わると、少しずつ骨が変形して咬み合わせが悪化することがあります。また、いつも右の歯で食べ物を噛む、といった噛みグセにも要注意です。

咬み合わせの悪化がもたらす6つの悪影響

咬み合わせが悪い習慣によって悪化すると、以下のような悪影響が現れる場合があります。

  • 1. 虫歯になりやすい

    咬み合わせが悪化することで、虫歯になる危険性が高まります。
    通常、噛むときには歯と歯がぶつかり合うことによって自然にある程度の汚れを落としてくれます。
    ところが、歯の当たる面積が噛み合わせが悪くなることで小さくなってしまい、十分に汚れが落とされなくなり、虫歯になりやすくなります。

  • 2. 歯周病になりやすい

    咬み合わせが悪くなることで、噛んでいる歯へ負荷がかかるようになり、歯周病になる危険性を高めてしまいます。
    また、30歳を過ぎるあたりから人の身体は抵抗力も低下してくるため、さらに歯周病になりやすくなります。

  • 3. しっかりと歯科治療を
    行うことが難しい

    咬み合わせが悪い方は斜めに歯が生えていたり、凸凹しているなどするため、ブラッシングが困難になると同時に、歯科治療も難しくなります。

  • 4. 顔に歪みが出やすくなる

    片側の歯だけで噛むクセの習慣化が原因で咬み合わせが悪化すると、徐々に顔の筋肉(表情筋や咀嚼筋)のバランスが崩れて歪んできます。
    筋肉の厚みによって顔の筋肉の下にある骨が変形するため、顎の形も結果的に変わってしまう恐れがあります。

  • 5. 頭痛になりやすい

    顎の関節から頭の横につながる筋肉(側頭筋)は咬み合わせが悪いと緊張しやすくなり、頭痛を誘発する可能性があります。

  • 6. 肩こりを引き起こしやすい

    首や肩にかけて繋がっている広頸筋(こうけいきん)に噛む筋肉のバランスが崩れから負担がかかることで、肩凝りを引き起こしやすくなります。

咬み合わせの治療法

咬み合わせの悪化によって生じる様々な症状は、咬み合わせ治療によって軽減・改善します。

ただし、咬み合わせが悪くなった原因によって治療法は異なります。

当院では、まず咬み合わせ悪化の原因を特定するため問診と検査を行い、治療プランを患者様1人ひとりに合わせてご提案いたします。

セルフケア

・歯ぎしりや食いしばり
・うつぶせ寝
・頬杖、猫背

このような日常的なクセや習慣が咬み合わせの悪化する原因となっている場合は、セルフケアによって普段の生活習慣を見直すことが治療の中心となります。

顎に負担をかけないため常に咬み合わせを悪化させているクセが出ないよう注意を払っていただきます。また、片側の歯で噛むクセのある方は、均等に両側の歯で噛むように心がけていただきます。

そのほか、マッサージやストレッチ方法についてご指導させていただくことで、顎の筋肉の緊張をほぐし、関節近辺に加わった負担を解消します。

鎮痛剤・消炎剤の処方

ダメージが顎関節へと加わったことで開口時に痛みが生じたり、炎症が起きている場合は、消炎剤や鎮痛剤を服用していただきます。
慢性化した炎症を抑えることで、痛みの軽減を図ります。

スプリント矯正

レジンやシリコンで作製したマウスピースを装着していただき、顎の正しい位置を身体に覚えさせることで、顎関節にかかる負担を少なくし、咬み合わせを修復します。

マウスピースによる治療

歯が睡眠中の歯ぎしりで摩耗したことによって咬み合わせが悪化している場合は、睡眠時にマウスピース(スリープスプリント)を装着することで、これ以上歯が擦り減らないようにしていただきます。
また、摩耗の激しい方には、仮歯や矯正、セラミックなどを使って擦り減った部分を補填するための治療を行う場合もあります。