口腔外科ってなに?

お口の中の外科処置を主に扱う診療のことを『口腔外科』といい、歯科の中の一つの専門分野です。

  • 歯茎の深くに埋まった歯(親知らずなど)の抜歯
  • 口内炎などの粘膜の病気
  • 顎の骨折やお口のケガ
  • 顎の骨にできた腫瘍や膿の袋の治療

以上の例のような口腔から顎、顔面の異常に対応する診療メニューです。

食事や発音、会話などの機能的な障害を生む口腔外科の対象となる症状ですが、審美面も大きく損なってしまう場合があります。

これらを治療することで、顔回りやお口の自然な形態と機能を、また健康的な美しさを取り戻すことができます。

一部の口腔外科に該当する治療領域において、当院ではつがる総合病院歯科口腔外科(弘前大学歯科口腔外科分院)を紹介しております。