予防歯科とは?予防とメンテナンスで毎日笑顔

予防歯科とは何でしょう?
自宅でのホームケアの事でしょうか?
皆様も良く耳にされてるかと思いますが、最初に虫歯の原因菌:プラーク(歯垢)についてご説明していきます。

プラークとは糖を栄養分として増殖する虫歯菌の塊の総称です。
あまりピンと来ないかもしれませんが、つまようじなどで歯の汚れをかき出した時に付く乳白色のねばねばした塊です。

このプラークと食べカスなどを毎日のブラッシングで落として虫歯予防をします。

歯ブラシだけで落とし切れない歯と歯の間の汚れは、歯間ブラシやデンタルフロスを使うのも良いでしょう。

正しいブラッシングが出来ていなかったり、ブラッシングで届かない歯の隙間の細菌を放っておくとやがて石のように硬くなった歯石というものになります。これはプラークの死骸です。

こうなってしまうとセルフケアでは手遅れで、歯科医院に行って専門の器具で取り除いていく必要があります。

しかし食後にきちんと歯磨きを行うことで、虫歯や歯周病のリスクは格段に減ります。次に、歯磨きでは取り除く事の出来ないバイオフィルムという膜をご存知でしょうか?

歯の表面に形成されたぬるっとした膜に、様々な菌がコロニーを作っているのを想像してください。バイオフィルム内で生息している歯周病菌や虫歯菌が糖を代謝し、エナメル質を溶かし虫歯になります。

このバイオフィルムもブラッシングでは取り除けません。このフィルム内に様々な菌が共存していますので、定期的に歯科医院を訪れて取り除いてもらう必要があります。

ですので、予防歯科とは自分で行うセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせて、むし歯や歯周病を予防し生涯虫歯や歯周病のない健康な歯を保つこと。と言えるでしょう。

予防歯科は歯科衛生士のお仕事です

歯科衛生士とは、口腔及び全体的な健康を向上させるための教育、臨床、治療サービスを提供する口腔保健のプロフェッショナルです。

大学や専門学校で解剖学、生理学、微生物学、病理学、栄養学、薬理学、高度な歯科学そして臨床実習を受講し、国家資格ライセンスを取得します。

定期健診の重要性

3ヶ月毎に定期健診を受けましょう

自分で行うセルフケアはもちろん、歯科医院でのプロフェッショナルケアを併用することでさらなる予防効果が期待できます。

お口の中に問題がなくても歯科医院に定期的に足を運び、歯のクリーニングと検査のために少なくとも3ヶ月毎に定期健診を受けましょう。早期治療は遥かに簡単で経済的です。深刻な状態になってからでは体力的にも患者様の負担が大きくなります。

歯肉の炎症はブラッシングや適切な処置で健康な状態に戻せますが、 歯周病が進行して骨が溶けてしまうと手術なしには元には戻りません。

歯を支える骨が溶けると最悪の場合、歯が抜けてしまいます。昨今では、歯科用インプラントなどの最先端治療が研究されており、天然歯と見分けがつかないほどの仕上がりですが、費用がかかるなど様々な課題があります。

ご自身の歯に勝るものはありませんので日頃の予防を習慣づけましょう。

位相差顕微鏡(ご希望の方のみ)

無染色の細胞や微生物の形状や透過光から生じる位相差を、生きたまま細胞を染色せず、特殊フィルターを通して観察できる顕微鏡です。

自宅で!歯科医院で!歯のクリーニングを習慣づけましょう

自宅で!歯科衛生士からのワンポイントレッスン

正しいブラッシングの4つのポイント!

  • 柔らかいブラシを使う
  • フッ素配合の歯磨き粉
  • 正しいブラッシング角度
  • 規則正しいリズムでブラッシング

やわらかい歯ブラシを使用して最低でも一日二回ブラッシングを心がけましょう。
フッ素が含まれている歯磨き粉は歯の外側のエナメル質を強化します。

ブラシの角度は45度で歯肉に向かって毛先を当てます。
そして細かい振動と摩擦で汚れを落とせばご自宅でも簡単ホームケア!

歯科医院で!プロフェッショナル メカニカル ティース クリーニング

セルフケアだけでは落としきれない着色、バイオフィルムや歯石などは歯科医院で専門的な機械を使って除去します。

PMTCとは、『Professional(専門家が)Mechanical(機械を使用して) Tooth(歯を)Cleaning(きれいにする)』の略で、むし歯や歯周病の予防に欠かせません。

定期的にクリーニングを受けて口の中を常に清潔に保つことが予防につながります。

当院のPMTCを詳しく見る