歯周形成外科

より精密で正確にスキャニング

『歯周形成外科』により歯茎が原因で起こる審美的問題や機能的問題は改善することができます。
歯周形成外科とは、健康的で美しい口腔内を維持させるために歯茎の形や量を調整する手術のことをいいます。

下がった歯茎を再生する、薄い歯茎を厚くする、小帯を切る、固い歯茎を移植するなどをします。歯茎が下がることで起きた審美不良や冷水痛は、歯周形成外科を行うことで改善が可能です。

次のような方は、この機会にぜひ当院にご相談ください。

  • 歯を支える土台の骨(歯槽骨)が、歯周病が進行することで溶けてしまっている方
  • 歯茎が加齢により、下がって気になっている方
  • 冷たいものが、歯茎が下がったことがしみる方
  • 歯茎が下がって、被せ物を入れたものの境目が気になる方
  • 歯茎が矯正治療を行ったが、下がってしまって気になる方
  • 矯正治療を考えているが、歯茎が下がると言われて迷っている方

歯肉が退縮する原因と、その影響とは?

歯肉退縮は、加齢や歯周病、歯ぎしり、矯正治療による影響など様々な原因から起こります。
歯ぎしりの激しい方は特に、歯肉退縮が30代の方でも見られることがあります。

日本人は歯茎の厚みが薄いだけではなく、歯茎の下の、歯を支える骨も薄いという傾向があるため、歯茎は下がりやすいと言われています。

以下のような悪影響は、歯茎が下がることで現れます。

審美障害
  • 歯茎が加齢や矯正治療の影響などが原因で下がると、歯が歯根が見えて長くなったように見えてしまうことがあります。前歯の場合は特に見た目に大きな影響を及ぼします。
冷水痛
  • 歯根が歯茎が下がることで露出します。また、歯の神経に歯根表面からの刺激が伝わることで、歯が冷たい食べ物や飲み物でしみる場合があります。

マイクロスコープを用いた歯周形成外科治療

当院の歯周形成外科では、マイクロスコープを使用して数十倍にまで患部を拡大して見ることのできるため、通常よりも極小の針や糸によって最小限に痛みを抑え、質の高い仕上がりを再現します。

また、麻酔技術を併用し貫通痛や麻酔液による痛みも軽減するため、患者様への負担の少ない外科治療を心がけています。