根管治療とはどういうものか

虫歯になると、歯のエナメル質・象牙質が虫歯菌の出す酸によって溶かされ、症状が進行すると歯の中心部にある神経にまで最終的に到達します。

そこに虫歯菌が侵入すると激しい痛みを伴うようになります。
また続いていた痛みがなくなった場合は神経が腐ったことを意味し、そうなるとその歯の内部はボロボロになってしまっています。

『根管治療』はその虫歯菌におかされた神経組織を取り除く治療をいいます。

顎の骨を通じて神経は全身とつながっているため、菌におかされた神経を放っておくと全身に菌が回って顔が腫れる・麻痺するなど最悪の場合、脳がおかされて死に至ることもあるのです。

そのため菌に神経がおかされたことがわかったら根管治療を一日でも早く受ける必要があります。

根管治療の手順

根管内部を空にする

根管治療では歯髄を神経ごと取り除くことで根管の内部を空にします。
このとき、神経がまだ残っている状態なら麻酔は不可欠となります。過去の治療においてすでに神経を除去した歯なら詰め物や被せ物を取り外し、完全に内部に詰めた薬も取り去ります

根管内部のクリーニング

根管内部をクリーニングしますが、根管は非常に治療領域が細かく、また構造が複雑な場合があります。
そのためクリーニングでは、『ファイル』や『リーマー』という専門の機器を利用していきます。

※当院では『ニッケルチタンロータリーファイル』という器具をこの工程で用います。これは破損のリスクを最小限にできる素材の強さを持つだけでなく、根管の隅々まで届く細さを兼ね備えた器具です。

根管を消毒する

根管内部の消毒をクリーニングの終了後に薬を用いて行います。症状が治まるまで何度か行うことがあります。

根管に薬を詰める

薬を根管内部に詰めていきますが、隙間なく埋めていくことがここでは大切です。隙間がここでできてしまうと再びそこに細菌が入り込み、症状が再発する危険性を高めてしまいます。

根管治療に関して気をつけること

数多くある歯科治療のメニューの中でも根管治療は難易度が最も高いものだと言われています。

これは歯の表面とは違い根管という箇所が奥まった場所にあるため、非常に治療領域が限られているためです。

また肉眼では奥まった場所にあるため確認できず、治療が手探りによるものとなることもあります。そのため根管治療には確かな経験と豊富な知識が必要とされるのです。

当院では根管治療で先に紹介したや『ニッケルチタンロータリーファイル』だけではなく、『マイクロスコープ』も採用しています。

肉眼では見られない治療領域もこのマイクロスコープを用いることで詳細に確認できるようになり、劇的に治療のクオリティを高めることができるようになります。「根管治療を受けるならマイクロスコープがある歯科医院を」とまで言われているほどです。

当院では治療をこのマイクロスコープの扱いに長けている歯科医が担当します。
また根管治療は一度でも失敗をするとさらにそこからの回復が難しくなることでも知られています。そのため治療を一度目で成功させることが重要となるのです。

クオリティの高い根管治療を当院では提供しています。是非一度お問い合わせください。